Warning: A non-numeric value encountered in /home/breakabroad/www/blog/wp-content/plugins/twitter-mentions-as-comments/includes/boilerplate/class.plugin-boilerplate.php on line 50
ブログは同じドメインで書いたほうがいいです

*

ブログは同じドメインで書いたほうがいいです

このサイトを開始して世界中の宿情報を収集するためホームページを訪問させてもらっています。
いくつか気付いた点の中で、オーナーブログの多くが、外部の(無料)ブログで書かれている というのがありました。

ブログを定期的に書くメリット

日頃からブログを更新しておくメリットは、「宿やっています」という宣伝ができるというのがメインだと思います。宿やその国・地域周辺について知ってもらうというのもありますよね。

更新のないサイトは、問い合わせフォームがあったとしても、もうこの宿やっていないのなかとサイト訪問者に思わせてしまい、躊躇させてしまいます。(最終更新が2009年とかだったら、もう宿やってないのかなとか思ってしまいますよね。ブログが移動しているというパターンもあると思いますが)

本題ですが、

ブログを書くのであれば、

同じドメインで書くことをオススメします。
メインサイトが、http://○○○.comであれば、ブログをhttp://○○○.com/blogなど、サブディレクトリ構成をおすすめします。

その理由

検索・アクセスされやすさはそのドメインの「サイトの厚み」に依存します。
「厚み」とは、情報量のことです。(もっと正確にいうと役に立つ情報の量。)
メインサイトのドメインにブログを1つ投稿すれば、そのサイトの厚みが加えられます。
ですが、外部ドメインのブログに投稿してもメインサイトへの厚みは加算されません。

また、外部ブログは、同じドメインの下に(ユーザの数だけ)多数のサイトが乱立しているため、そのなかで「アクセスされやすさ」を突出させるのは難しいです。
加えて、Googleなどの検索エンジンでは、同じドメインから検索結果の1ページ目に表示される件数が限られています。

これから分かるとおり、外部ブログで投稿したページが検索されてアクセスされるのは結構「至難の業」です。
競合が少ない地域の宿サイトであれば、厚みなど関係なくアクセスされますが、同地域に競合多数の場合は、サイトの強さを上げていかないとなかなかアクセスされない可能性が高いです。

これが、ブログを同じドメインで書いた方がいいという理由になります。

他のサイトのこと言う前に...

このサイトももっと役に立つ良質な記事を書いていかなくてはなりませんね。(^^;)

結構良質な内容を外部ブログへ書かれているものが多かったので、もったいないなと思い今回書いてみました。
一度検討されてみてはいかがでしょうか?

ご質問・コメントなどありましたら、どうぞ

公開日:

関連記事

宿オーナー様:WordPressサイト構築のサポート

宿情報登録サイト「BreakAbroad」では、以下のプランでWordPressサイトの構築・サポートを行います。 無料サポート BreakAbroadへ登録された宿オーナー様に対して、ご質問

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

no image
ブログは同じドメインで書いたほうがいいです

このサイトを開始して世界中の宿情報を収集するためホームページを訪問させ

キルギス・ビシュケクのゲストハウス「ドス・ゲストハウス」

ボランティアでホームページの管理人をしている長期滞在のゲストの方から連

フランス・パリのゲストハウス (5件)

フランスの首都である「パリ」に位置するゲストハウスまとめです。

ホンジュラスのゲストハウス (1件)

ホンジュラスにあるゲストハウスまとめです。 カンクン

イタリア・ローマのゲストハウス (6件)

イタリアの首都である「ローマ」に位置するゲストハウスまとめです。

ハンガリーのゲストハウス (5件)

東欧の国「ハンガリー」にあるゲストハウスまとめです。 ブダペスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑